マートンヘルメット白い マートンの知名度は、2010年からの阪神の活躍で全国的。 さらに死球などの乱闘騒ぎや、乱闘の常習犯ということで、 彼が暴れている動画はネット上で人気だ! そんなマートンだが、 「ヘルメットが白くない?」 「マートンのヘルメットの汚れはなに?」 「汚いからヘルメット洗って!」 と、彼の着用してるヘルメットに対して、 良く思わない人が多いようだ。 今日は、なぜマートンのヘルメットがあそこまで白いのか? その理由と意味について調べてみました!

マートンのヘルメットが白か金の汚れのように見える理由

ヘルメットが汚れているのは、外国人選手に多いですね。 メジャーリーグの試合をよく見ていると、かなりの選手が汚れたヘルメットで打席に立っています。 マートンヘルメット汚れ (現在引退したヤンキースにたポサダも汚れていました) マートンの他にもゴメス選手など、 ヘルメットの色が変色したまま試合に挑む選手が多いです。 その汚れの要因は、ロージンや滑り止めなどを使用した手で、 そのままヘルメットを触ってしまうことで、油っぽい汚れが残るのです。 マートンをよく見ていると、ヘルメットだけでなく、 バッティンググローブの白く変色していることもあります。 これは日本と外国の習慣の違いか・・・、 野球でわかりやすい部分だと思います。 ちなみに、メジャーリーグだと、滑り止め関係の他にも、 祝福にジュースや水をかけることで、ヘルメットにベタつきが残るケースもあるといいます。 さらに、選手の中には汚いヘルメットで試合に挑むことが、 かっこいいという、ファッション的な部分であえてやっている選手もいるみたいです。 実際にマートンが、どんな意味をもって、あのようなヘルメットをかぶっているのか・・・、きっと彼もただの汚れでしょうけど・・・笑]]>

おすすめの記事