スポンサーリンク

鹿児島県、鹿児島工業出身の元メジャーリーガーの川崎宗則選手。

一時期はソフトバンクで日本球界に復帰しましたが、その後に自律神経失調症を発症させ、一時は引退されました。

あれだけ野球が大好きな川崎選手が引退するということで、多くの野球ファンがショックを受けましたが、実は球界復帰に向けて着実に動いてるそうです。

2013年に発症した自律神経失調症をすでに克服しており、台湾球界で復活するのではないか?と言われています。

現在も川崎選手が元気いるなら、それだけで嬉しいですね、まだまだ野球への愛情が変わっていないことが最高に嬉しいですね!

川崎宗則の現在。自律神経失調症を克服!

川崎宗則選手は、長く日本球界でプレー。ソフトバンクの元気印、さらにはWBCの優勝メンバーとして日本球界での地位を確立させました。

2011年オフにはソフトバンクから大型の契約がもらえる見込みでしたが、本人は海外FA権を行使し、当時イチロー選手が在籍していたシアトル・マリナーズに移籍しました。

その後はブルージェイズ、カブスを経て、3年前の2017年にソフトバンクに復帰しました。

しかし、2018年3月に自律神経の病気を公表し退団。

それでも病気を克服、昨年2019年に台湾の味全ドラゴンズで選手兼任コーチとしてプレーしました。

夢を追ってメジャーに行って、病気になっても負けじと現役に復帰し、川崎選手の野球に対するロマンは凄まじいですね!

しかし、気になるのは川崎選手の現在の台湾球界での立ち位置です。

昨年は選手兼任コーチとして活躍されていましたが、現在はどのような感じなのでしょうか?

または川崎さん的に、台湾球界は居心地良いのでしょうか?

日本球界屈指のお金持ち球団ソフトバンクと、メジャーでの経験があるため、台湾球界での待遇の落差に落ち込んでたりしてないのでしょうか?

スポンサーリンク

川崎宗則にとっての台湾球界の評価

今日のニュースで、川崎選手の現在についての記事があり、さらにはそんインタビューの中で、川崎選手にとっての台湾球界とは、どのような場所だったのか、短いですが本人が語ってました。

「国を替えたいというのがあった。韓国とか台湾とかを考えた。ソフトバンク時代にチームの通訳をやっていた赤井(剛史)さんから台湾を勧められた。凄く楽しかった。赤井さんには感謝しています。レベルも高いし、いい選手ばかり。街も都会。8年ぶりに行ったけど、食事もおいしかった」

 ――兼任コーチという契約だった。

 「子供たちとは違って“教える”というレベルではないと思った。普段は選手としてやらせてもらったし、一緒に刺激し合って、一緒につくり上げる感じかな。今の野球の考え方や感性もある。そういうものは選手から学んだ部分も多かった」

 ――現在の関係は。

 「チームで日本語を話せる育成選手がいるから連絡を取っている。試合もネットで毎試合チェックしています。今はコロナや契約のことで台湾に行けていないけど、また台湾でプレーできたらと思っています。昨年所属させてもらったチームは来年は1軍(リーグ)に上がる。そこでもう一度、一緒にプレーしたい。そのためにも、まずは肩をしっかり治したい」引用元:Yahoo!ニュース

台湾という国に対しては、食べ物が美味しいとして、かなり好きみたいです。

台湾の野球のレベルに関しては、コーチという立場でチームに入りましたが、川崎選手が思っていたよりもはるかにレベルが高く、互いに刺激し合える関係だったそうです。

人間関係もよく、できることなら再び台湾でのプレーを考えているみたいです。

現在は新型ウイルスの影響で台湾に渡ることはできませんが、事態が収拾した頃に、再び台湾で野球をする川崎選手の姿が見れることでしょう!

川崎とダルビッシュの意外な関係

川崎選手とダルビッシュ選手といえばwbcのチームメイトでした。

決勝のイチロー選手の打席で、隣同士で歓喜していた二人の姿は象徴的です。

歳の離れた二人ですが、実かかなりカジュアルな付き合いで仲良しだそうです。

川崎選手が台湾に挑戦する際にも色々とエールをくれたと、そのエピソードが美しいとして話題となっています。

「自分でも信じられないくらい、たくさんの人たちが心配をしてくれた。心強くて支えになったし、本当にありがたかった」

 ――ダルビッシュ(カブス)からもさまざまな助言をもらったと聞いている。

 「有君からは瞑想(めいそう)のトレーニングの“マインドフルネス”(※注2)を教えてもらった。ゼロトレーニングと並行して、今は瞑想もやってる。1日10分くらいだけど、凄くいい。気持ちが良くて凄く眠れる。脳を休められる」引用元:Yahoo!ニュース

なんと、ダルビッシュ投手に教えてもらった瞑想が功を奏してるみたいです。

精神的な病気に悩まされていたという点、かなり合理的なアドバイスをくれたように感じます。

スポンサーリンク

川崎宗則の現在に対する反応

ムネリンほどの選手でも自律神経失調症にかかるのかと思った。
原因は良く存じ上げませんが、彼のこと、やはり頑張り過ぎは良くないと思う。みんなにも当てはまるかと思う。
まあ、take it easy!で気楽にやるのが良いと思う。
島田紳助さんが仰っていた、チョロい理論と同じコンセプトですね。
全国の不調の方、無理せず気楽に行きましょう!

まずは元気にされていて安心しました。
たくさん活躍されて、活躍したからこそ期待されて、それに応えるように上を目指されて。
期待されるって力になる時もあるけど、こうやって精神をむしばむ事もあるんだな。

まずはご自身の体調を一番に、
心地よいペースで野球を続けていただけるとファンの皆さんも嬉しいと思います。
また川崎選手がマウンドでヒーローインタビューを受けてる姿を見れる日が来るといいな。

川崎をスタジアムで観れば分かると思う。ずっとムネリンなんだ。ノックの合間にダンスを踊りベンチでずっと声出し4安打打ち守備走塁も手を抜かない。メジャー帰国後怪我もあって苦しんだと思うけどまたこうして川崎の笑顔が見れて本当に嬉しい。野球を楽しんでください。

ムネリン!
私は部活でソフトボールをやっているときあなたのプレーで勇気付けられました!かっこいい姿目に焼き付いています!
病気乗り越えて頑張って下さい!
また元気で明るいムネリンを見たいです♬

 

スポンサーリンク
おすすめの記事