スポンサーリンク

夏の甲子園の準優勝投手となった星稜高校の奥川投手。

ドラフト直前まで1位指名必須と言われていましたが、いざドラフトが始まると予想通りの1位指名でした。

ヤクルトがめでたく1位指名を頂いた奥川投手ですが、本人は中継からずっと笑顔が少なめ。

そんな彼の表情を見て、「緊張してた?」「ヤクルトじゃ嫌か」と彼の本音を憶測する声がネットに溢れてます。

ヤクルト1位指名も笑顔がなかった奥川の理由

 

今年2019年のドラフト会議は超高校級の逸材が多くいました。

その中でも奥川投手はドラフト1位指名が大方の予想。

実際にヤクルト、巨人、阪神の3球団が1巡目に奥川くんの名前を読み上げました。

プロ野球の新人選択(ドラフト)会議で、ヤクルトから1位指名を受けた石川・星稜高の奥川恭伸が18日、同校で、担当スカウトらから指名のあいさつを受けた。高津臣吾監督が直筆で「神宮で待っています」と記した当たりくじを手渡され、「徐々に実感がわいてきた」と語った。ただ、前日と変わらず、笑顔が少ない。引用元:Yahoo!ニュース

抽選の結果、ヤクルトが当たりくじを引き、奥川投手との交渉権を獲得しました。

しかし、その瞬間から、その後のインタビューまで、奥川投手には笑顔がありません。

その理由には指名を受けた実感がしなかったとしています。

そのニュースを見た野球ファンからは、

「本当は巨人か阪神に行来たかったのではないか?」と。

奥川の希望は阪神か巨人だった?

ヤクルトといえば今年2019年のペナントレースは最下位。

一方の阪神と巨人は近年の低迷を盛り返し、復調の兆しを見せています。

ただでさえお金があって境遇の良い球団、やはりヤクルトに行くぐらいなら巨人阪神の方が嬉しかったのではないでしょうか?

実感が湧かなかったという理由以外にも、思っていたよりも早くにドラフトが進行してしまって動揺していた、どんな反応をすれば良いのか分からなかったなども理由とされていますが・・・。

3球団から1位指名を受けた17日夕のドラフト会議。中継を見守っていた奥川は、硬い表情だった。抽選の末にヤクルトが交渉権を引き当てても、笑顔はなかった。準優勝した今夏の甲子園では「必笑」をテーマに掲げ、ピンチでも笑顔を絶やさずに切り抜けてきたのに、なぜだったのか――。

ドラフト会議の1巡目の指名は、ペナントレースの下位球団から順に、選択希望選手の名前が読み上げられる。今年は、セ・リーグ最下位のヤクルトが最初。いきなり自分の名前が挙がり、阪神、巨人でも名前が読み上げられた。気持ちを落ち着ける間もなく、思いのほか一気に、抽選まで進んでしまったからだという。

抽選が終わった後も、すぐに笑顔になれなかった。それがまた、周囲のあらぬ臆測を呼んだ。ただ、それは、ヤクルトが意中の球団だったかどうかが理由ではない。「『あっ、始まった』と思ったときに、もう名前を呼ばれてしまったので……。そこからずっと不思議な感じでした」と振り返った。

彼はまだ10代の高校生。プロという未知の世界からこうもすんなり声がかかり、ちょっと逡巡してしまったのかもしれない。引用元:Yahoo!ニュース

もともと奥川投手は謙虚な性格。

ドラフト前に自分のアピールポイントを聞かれ、「武器はない」と断言。球速も制球も自信を持って良いレベルではありますが、そこは謙遜されていました。

本当に自分がプロの世界でやっていけるのか、本当にプロ野球選手になってしまった。

まだまだ自分に自信が持てない奥川投手らしい、素朴な理由が本音なのかもしれません。

それでも天下の巨人阪神と競合したということで、後々は「くじが当たり先が・・・」と考える日は来ると思うますが。。笑

スポンサーリンク

笑顔の少ない奥川にネットの反応

・本人の気持ちを無責任に邪推するのは止めましょう。こういう輩がいることも、指名の瞬間にテレビが表情をドアップに撮るのも選手側は心得てます。
一瞬の表情の変化でもあることないこと言われるので、どこに決まってもその瞬間は表情を変えずにと言われてるのでしょう。
頑張ってポーカーフェイスをしようとしていただけだと思います。

・ま、理由は簡単さ
自分が求めてる球団じゃなかったから落胆していた
緊張していた
のどっちかでしょう

でもそこを追求、掘り下げて記事にしたり取材するのは無粋
なんでもニュースにすれば良いってわけじゃない
しかもまだ18歳

・奥川君の本当の気持ちは本人にしか分からない。もしかしたら本当に巨人か阪神に行きたかったのかもしれない。それでも自分は奥川君が「ヤクルトで頑張りたい」と言ってくれて本当に嬉しかった。ヤクルトファンとして全力で応援させて頂きます。そして神宮のマウンドで奥川君を見ることを楽しみにしています!

・奥川君にも意中の球団があっただろうが、
彼がヤクルトで頑張ると決めた今、そんなのを詮索するのはあまりにも無粋すぎる。
どうだっていいじゃないか。
奥川君の活躍を期待したい。

・本心は分かり兼ねますが仮に意中に球団ではなかったと言えば大炎上なる事はわかりきってるので本心は墓場まで持っていく気持ちでドラフトに挑んでいると思います。

佐々木君も同じだと思います。
くじ引きで就職先が決まってしまうのも可愛そうですね。

・人間の運命は わからない事が多い 気が進まない球団だったのかも知れないが 後から考えると 良かったという場合もある ドラフトがある以上 選手側に選択の時自由はない こういう時は これが一番良かったと思うのがいいと思う ヤクルト球団の人も バカではない 選手の気持ちは察しているだろう 待遇面 その他 気を使ってくれると思う また今はFAがあるから 意中の球団があるなら将来的に移籍は可能だ とりあえず今はヤクルトの為に頑張ってみて欲しい

・誰だってそうだと思うのですが、多分ですが、少なからずも希望球団はあったとは思います、でも、プロ選手になりたいと思って、必死に練習してきて、そして、プロ球団から指名を受けて、それだけでも嬉しいと思います、競合すれば抽選なので、結果、決まった球団に対し、即座に反応は出来ないでしょうね。多分、一位指名が複数有った所から放心状態にあったのでは

スポンサーリンク
おすすめの記事