スポンサードリンク

古村徹投手の現在はBCリーグ。茅ヶ崎西浜から横浜に行った男(復帰は?)神奈川県の高校野球は「戦国神奈川」と呼ばれるぐらいに、私立の強豪が密集しています。

公立野球部の活躍というのは、全国的にあまり認知されていません。

まず、神奈川で効率がベスト8に入ることさえも稀なのですから。

茅ヶ崎西浜高校時代の古村徹の凄さ

そんな戦国神奈川でも、公立ながらも地区予選で活躍し、競合の私立高校を追い込んだ選手がいます。

その選手は茅ヶ崎西浜高校にいた古村徹投手です。

秋や春の大会では私立高校相手に無失点の試合などを作り話題を集め、夏の予選ではシード権を勝ち得ました。

そもそも古村徹投手は中学時代から素質の良い選手として知られ、高橋由伸さんを輩出した名門・桐蔭学園などからの誘いも受けたそうです。

しかし、古村選手はその誘い断り、西浜高校に入学。入学した後もずっと野球に専念していたわけではなかったのです。

2年生になってから3番投手としてブレイクし、4番・捕手の福田選手と共に夏の5回戦まで進出したのです。

当時の神奈川大会は5回戦から横浜スタジアムでの試合だったのです、全く縁のない学校を横スタまで連れて行ったのです。

2年の夏の5回戦は惜しくも横浜創学館に敗れましたが、その後の古村投手の地名度は神奈川内で凄まじかったです。

2年の秋のリーグ戦では湘南工科、日藤と破るという偉業を成し遂げます。

3年の夏には2回戦、3回戦と私立高校を続けて破りました。3回戦の三浦学苑戦ではさよなら満塁本塁打という神奈川大会史上初の快挙を成し遂げます。

そして、4回戦ではかつて誘われた名門・桐蔭学園と戦いました。結果は3−2と惜しくも敗れましたが、内容をみれば、僅差まで詰め寄った形となりました。

桐蔭学園相手にほぼ対等に戦ったということで、古村投手の最終的な評価はますます上昇しました。きっと西浜高校のOBはこの奮闘ぶりに驚いたことでしょう。

横浜ベイスターズに入団後の活躍

西浜での高校野球生活が終わると、横浜ベイスターズにドラフト8位で入団しました。

古村投手に目をつけていた稲嶺スカウトも同じ神奈川出身の方です。きっと神奈川であそこまで戦えることの凄さを身に染みてわかっていたのでしょう。

ドラフト8位で入団した際には、「8位なんてあったんですね」と本人も驚いていました。

まさかの西浜高校からのプロ野球選手誕生に、地元の方は大いに盛り上がりました。

10月27日に行われたプロ野球ドラフト会議(新人選手選択会議)で横浜ベイスターズから8位指名を受けた。「(指名された瞬間は)頭の中が真っ白になりました。まさか自分が指名されるとは思いませんでしたから。野球に打ち込める環境を作ってくれた家族、支えてくれた友人、先生方に感謝してます」と笑顔で喜びを語る。引用:カナコロ

平塚市の小学校から茅ヶ崎の高校と、ここまで湘南地区に名残のあるプロ野球選手は珍しいですね。

しかし、入団後はなかなか飛躍できず、ファームで苦渋を味わうことになりました。

入団数年後にして育成登録に変えられるなど、まさかの未来が待っていました。

最終的には2014年に戦力外となって退団となりましたが、本人は横浜の投手コーチとして野球に関わり続けました。

現在はBCリーグに在籍

2016年に現役復帰を目指して12球団合同トライアウトに参加し、良い結果を残しました。

結局、NPBへの復帰はできませんでしたが、BCリーグに移籍しました。2017年に愛媛マンダリンパイレーツ、2018年には富山GRNサンダーバーズにてプレーしました。

2017年にはフォームをサイドスローに改造するという試みも見せました。

現役にこだわり復帰したということで、よほどの野球への愛情があったと思われます。

西浜高校で培った地道に努力できる能力が、古村投手に支えてあることに間違い無いです。

横浜に復帰の噂。MAX150キロに急成長!

BCリーグで2年間プレーした古村投手ですが、まさかのNPB復帰に向けて前向きなニュースがありました。

それは、今年2018年のオフのドラフト前にて、古巣の横浜ベイスターズが、古村投手を再び獲得するために動いてるという内容の記事でした。

【DeNA】150キロ左腕・古村を再獲得へ…14年オフ戦力外もBC富山で実力開花

DeNAが“出戻り150キロ左腕”の獲得を検討していることが29日、分かった。12年から3年間DeNAに在籍したBC富山・古村徹投手(24)は当時1軍登板なし。球団スタッフに転身後、BCリーグで現役復帰して実力が開花。今季、150キロもマークした中継ぎ左腕が古巣復帰すれば球界でも異例だ。

古村は横須賀市内の2軍施設で入団テストを受けた。室内で非公開のシート打撃に登板。直球、スライダー、カットボールに成長を見せた。当時は故障もあり最速138キロだったが、10キロ以上球速を上げ「伸びしろを信じて3年間練習してきた。1軍でやって初めてプロ野球選手」とNPB復帰へ意欲を見せた。合否は出ていないが、高田GMは「体つきも全然違う。検討します」と話した。古村には他球団も興味を示している。

引用元:https://www.hochi.co.jp/baseball/npb/20180929-OHT1T50299.html

これまでの古村投手の球速Maxは130キロ台後半でしたが、現在はなんと150キロまで出るそうです。

まさかの急成長に、横浜のスカウト陣も再び注目したようです。

仮に復帰することになればロマンがあって素敵な話ですが、残念ながら2018年のドラフトでは指名がありませんでした。

今後もプロ野球復帰に向けて頑張って欲しいですね!

無名校、戦力外、独立リーグからの復帰だなんて、逆に夢があって良いです。

スポンサーリンク