スポンサードリンク

香川卓摩(高松商野球部)の出身中学と身長体重。球速Maxと変化球今年の2019年春選抜の香川代表・高松商業。

多くも高校野球ファンが古豪復活に期待を寄せてますが、初戦の埼玉代表・春日部共栄相手に8−0の完勝を遂げました。

勝因はエースの香川投手に隙のない完璧なピッチング。それでもエースの香川くん本人は内容に納得してないようです。

強打の春日部打線相手にまさかの13奪三振という内容に、この大会屈指の注目投手に名を上げました。

香川卓摩(高松商野球部)の出身中学と身長体重

身長:165センチ

体重:62キロ

投打:左投げ左打ち

出身中学:香川県さぬき志度中学校

出身シニア:東かがわシニア

中学生の頃には2016年度のリトルシニアの全国選抜大会にも出場しており、子供の頃から地元で有名な野球少年だったようです。

香川投手はお父さんとお兄さんも同校の野球部出身と、最高の高松商遺伝子を受け継いでます。高松くん本人は2016年の選抜で準優勝する姿を見て、自分もこの高校の野球部でプレーしたいと決めたそうです。

「地元でみんなで力を合わせて行くのもいいかなと思った」と入学を決めたと、実際に有言実行したというのがかっこいいですね!

香川卓摩投手に球速Maxと変化球

香川投手は1年生の頃からエースとしてチーム牽引。1年の頃は「小さなエースだな」とあまり頼もしくは見えませんでしたが、この3年の春からはとても堂々としてエースに成長しました。

香川投手は最速141キロの直球と多彩な変化球が持ち味です。

持ち球の変化球はスライダー・カーブ・ナックル・チェンジアップ・カットボールと球持ちがよく、バランスよく散らせて的を絞らせません。

実は昨年2018年の2年の春から練習のし過ぎで「腰椎分離症」と怪我で離脱。それでも6月の香川県の招待試合の大阪桐蔭の最強打線に1回を投げ無失点無安打のナイスピッチングを披露しました。

夏は成果が出ませんでしたが、秋には四国大会ベスト4まで駆け上がり、香川投手もチームも見事に復活を遂げたのです。

とてもストーリーのある選手なので魅力を感じます。

初戦・春日部共栄戦で13Kピッチング

春の初戦では昨年のように140キロのストレートは出ませんでしたが、130キロ台のストレートに切れのある変化球で効率的に三振と凡打を重ねました。

 

【香川の投球内容】
1回 空三振・四球・見三振(2K)
2回 空三振・四球・見三振・空三振(3K)
3回 空三振・右安・四球(1K)
4回 二ゴロ・見三振・中安・見三振 (2K)
5回 右安・三ゴロ・四球・右飛・見三振 (1K)
6回 空三振・見三振・空三振(3K)
7回 空三振・中飛・遊飛(1K)
8回 二飛・右飛・右飛
9回 中安・二ゴロ・二直

昨年の秋の段階ではプロスカウトからの評価はありませんでしたが、この春の甲子園での投球内容次第ではすぐにスカウトからの言及があることでしょう。

プロでも香川投手を見てみたいですよね!

スポンサーリンク