スポンサーリンク

今年、愛知の名門・中京学院中京にて正捕手として活躍された藤田健斗くん。

このオフはドラフト指名されるのではないか?と話題になっています。

藤田健斗くんの経歴と、代表で佐々木くんの球を受けた際の逸話について書いてみたいと思います。

藤田健斗捕手はドラフト候補!プロ志願書提出済み!

藤田選手といえば、今年の中京学院中京を夏の甲子園ベスト4に導いた原動力になった正捕手です。

守れるだけでなく、打てる捕手として大会のベストナインに選ぶファンも多かったです。

攻守でプロスカウトから評価されており、オフに志願書を提出すれば指名は確実とされています。

身長の低さがネックになっていますが。今年は西武の森選手の活躍があるので、そのイメージでポジティブな印象を持たれています。

すでにプロ志望届は提出済み。「最後の最後までプロのスカウトの方にアピールできる機会があるのは光栄なこと。しっかりとアピールしたい」と言う。今年4月、U18W杯の高校日本代表1次候補として「国際大会対策研修合宿」に参加。紅白戦で大船渡(岩手)・佐々木朗希投手(3年)とバッテリーを組み、163キロ直球を捕球した。高校球界史上最速の球を受けた男は「プロは小さい頃からの夢。自分自身、最高峰のレベルでどれだけ通用するのか興味があるし、西武の森友哉選手のように打って守れる捕手になりたい」と大志を胸に、運命の日を待つ。引用元:Yahoo!ニュース

藤田選手も森選手を目指してる模様です。

スポンサーリンク

藤田健斗捕手の出身中学や経歴

名前:藤田健斗(ふじた けんと)

生年月日:2001年10月18日

出身地:滋賀県長浜市

身長:173cm

体重:73kg

出身小学校:長浜市立高月小学校

出身中学:高月中学校

出身高校:中京院中京(在学中)

スポンサーリンク

藤田健斗の163キロキャッチの逸話。裂けたは盛った?

藤田健斗くんといえば、代表合宿で大船渡の佐々木投手の球をキャッチングしていたことでも話題になっていました。

あの当時のニュースでは、藤田健斗くんのミットが裂けたとニュースになりましたが、実はあのニュースはフェイクだったそうです。

「あれは佐々木のボールで裂けたんじゃなくて、もともと裂けていたんです。冬場に乾燥してパックリとひび割れみたいになって、血が固まってかさぶたになっていたんです。そのかさぶたが紅白戦のあとに取れて、指を触っていたら記者の人が『指どうしたんですか?』と聞いてきまして。『ケガしました』と答えたら、『佐々木がキャッチャーの指を裂いた!』みたいな記事がニュースになって......」

その後、藤田は人から「指は大丈夫?」と聞かれるたびに「佐々木のせいじゃない」と釈明するはめになった。「全治1カ月の裂傷」と報じたメディアもあったが、藤田は「いや、すぐに治りましたよ」と否定する。それもそうだろう。かさぶたが取れただけなのだから。それ以来、藤田は「発言には気をつけよう」と心に刻んでいるという。引用元:Yahoo!ニュース

実は、もともと痛んだミットで受けていたそうで、それが故に怪我をしてしまい、記者にそれを教えると盛った形で報道されてしまったそうです。

またメディアによっては「全治一ヶ月」とまで書かれていましたが、それもフェイクだったそうです。

当時の怪我はすぐに完治したそうです。

仮に伝説の163キロでミットが裂けて怪我までしてたら自慢したくなりますが、よく我慢しましたね!笑

スポンサーリンク
おすすめの記事