スポンサードリンク

横浜高校の監督代行・高山大輝コーチの経歴。筒香世代の自衛隊(画像)暴言、暴行疑惑が問題になっていた横浜高校の金子部長と平田監督でしたが、その後に解任されたことが横浜高校側から発表されました。

春夏通算34回の甲子園出場を誇る高校野球の名門・横浜(神奈川)は28日、平田徹監督(36)と金子雅硬式野球部長(42)を解任したことを発表した。

両指導者をめぐっては、野球部員への暴言・暴行の疑いが26日に発覚。学校側は2人から事情を聴いた。さらに、3年生を含めた部員66人にも氏名を公表しないことなどを確約し、ヒアリング調査を進めていた。この日夕方までに、金子部長が暴言を吐いたことと、平田監督が生徒の首のあたりをつかんだことなどを確認し、処分が決まった。引用元:Yahoo!ニュース

部員66人とほぼ全体にヒアリングをした学校側の対応も素晴らしいですね!

ただ、平田監督らも、全てもが悪というわけではないので、ちょっとかわいそうな気もします。

現横浜高校校長の葛蔵造校長は、

「このたびは、本校硬式野球部指導者による暴言等について、被害を受けた部員の皆様ならびに世間をお騒がせしたことに深くおわび申し上げます。本件学校の監督不行き届きを反省し、再び繰り返されることがないよう注意してまいります」

とコメントしてます。

そして、今後は同行出身で、現在はコーチとして横校野球部に所属してる高山大輝氏を監督代行として戦うことを発表してます。

正式な監督発表ではないですが、仮にこのまま良い結果を生めば20代での名門監督誕生ということになります。これはあり得ないと思いますが。。

代行監督の高山大輝コーチってどんな選手だったの?

しかし、気になるのは高山大輝さんとはどんな人物だったのでしょうか?

筒香選手の同期としてますが、球児時代はどんな選手だったのか。

学校側は両氏の解任とともに、高山大輝コーチ(28)の同日付での監督代行就任も発表した。同校出身で、DeNA筒香と同期。高3時はともに主軸を務めていた。部長(責任教師)については未定で「速やかに決定する」としている。秋季神奈川県大会は準々決勝で敗退し、来春センバツ出場は絶望的。再建への道を一から歩むことになる。引用元:Yahoo!ニュース

筒香世代では主軸として活躍していたみたいですが。

秋の選抜が断たれて、直に夏を目指すチームを託されるということですが、現在すでに10月。

これから冬場の肉体強化から入るということですね。

高山大輝の経歴・出身中学・高校・大学

名前:高山 大輝(たかや まひろき)

生年月日:1991年6月20日

出身:岐阜県岐阜市

身長:183cm

体重:90kg

出身中学:岐阜市立島中学校

出身高校:横浜高校

出身大学:創価大学

卒業後:航空自衛隊千歳

高山大輝さんは神奈川出身です。

中学時代は愛知の強豪・瀬戸リトルシニアに所属していました。

現役時代のポジションは外野手です。

中学生の頃からスケールの大きいバッティングが注目されており、多くの高校からお誘いが来ていたそうです。

中学卒業後は、神奈川県の横浜高校に進学しました。

横浜高校時代の高山大輝監督代行

高山さんの横浜高校時代は、同学年に筒香嘉智選手(DeNA)、1学年上には倉本寿彦選手(DeNA)がいました。

近年の横浜高校としては、かなり良い時期のメンバーだったとわかります。

甲子園には2年生の春と夏に2度出場しました

高校2年春の選抜では、北大津に2対6で敗れ、2回戦敗退。この時期から筒香選手は中軸を担ってましたね!

そして高校2年は夏も甲子園に出場。甲子園大会では準決勝で優勝した大阪桐蔭に敗れ、ベスト4の成績を残しています。

2008年の甲子園はオリンピックと被っていたので報道は小さかったですが、常葉菊川の町田選手、日ハムに所属してる西川選手(智弁)、中日の岡田(智弁)や浦商(沖縄)、慶応などの快進撃が印象的でした。

ただ、高山さんは2008年の甲子園ではいずれも試合に出場はしていません。

高校3年夏は神奈川県大会は準々決勝で横浜隼人にサヨナラで敗れ、甲子園出場はなりませんでした。

横浜隼人は決勝でも桐蔭学園にサヨナラで勝利したので、地元・横浜は隼人の話題で持ちきりでした。名門を2度もサヨナラで下しての甲子園初出場なので、そりゃ大盛り上がりですね・・・。

高山監督の時代は栄光よりも悔しさを知った3年間だったと思います。

横浜高校を卒業した後の高山大輝・創価大学・自衛隊・コーチ就任

高校卒業後は創価大学に進学し、創価大学では主力として活躍しました。

大学卒業後は航空自衛隊千歳で3年間プレーし、その後に現役を引退しました。

2017年に母校・横浜のコーチに就任するとスポーツ紙で報道されました。

春夏5度の甲子園優勝を誇る横浜(神奈川)に新戦力が加わった。

DeNA筒香の同期生で元自衛官の高山大輝(ひろき)氏(25)が常勤コーチとして招聘(しょうへい)されたことが6日、分かった。

専任コーチは小倉清一郎氏(72)以来で、職員となり3日着任で指導に当たっている。野球部はかねて、体制強化を図る上で専属のコーチを探していた。学校と協議し、平田監督と金子部長の教え子で、人格、キャリアとも最適な高山氏に白羽の矢が立てられた。引用元:日刊スポーツ

まさか自分がコーチに就任して僅か2年で監督代行になるとは・・・。

今後も高山氏が監督として活動するのか、もしくはどこかで監督が来るのか。これまでに生え抜きでコーチスタートというのが横浜の流れだったので、他校から監督が来ると印象も変わります。

若い監督となると、しばらくはプレッシャーとの戦いに晒されてしんどいと思います。これからの横浜高校の内部はどうなっていくのか・・・。

近年の高校野球は球数制限など多くの問題が話題に上がっています。

横浜は共学に転身するということで、学校時代も何か変化を求めてるように感じます。

学校の看板的存在である野球部ですが、今後はさほど依存したくないという動きでしょうか?

渡辺監督時代に寄付金が集まりにくい時代があったそうですが、OBの野球部に向ける視線とは、野球部関連の人と一般卒とどれだけの温度差があるのか。

かつてPL学園が野球依存から放たれたくて校長が動いたこともありましたね。

この機会は野球部だけがどうこうだけでなく、学校全体の問題になっていくと思います。

スポンサーリンク