スポンサードリンク

山内翔太(習志野)の球速MAXと変化球。出身中学と身長体重は?今年の2019年の春選抜は習志野高校に始まり、習志野高校で終わりそうです。

習志野といえば、エースの飯塚投手が脚光を浴びてますが、実はもう一人、とても逸材な投手がいます。

その投手とは2年生の「山内翔太」君です。

秋の大会から大事な場面で起用され、しっかりと結果を残してます。

この春の大会でも飯塚投手に負けじと内容の良いピッチングを続けています。

山内翔太(習志野)の球速MAXと変化球

山内投手の球速は120キロ台から130キロ台です。

MAXにしても140には届きませんが、その切れと伸びと制球はしっかりと試合を作ります。

変化球を混ぜたテンポの良い投球は見ていて爽快で、守ってる野手にも良い影響を与えてます。(事実、彼が先発した試合は大量得点ばかりです)

山内翔太の出身中学と身長体重

出身中学:東京 江戸川瑞江第二中

出身シニア:市川ボーイズ

左投げ左打ち

身長:170センチ

体重:68キロ

甲子園ので山内君のニュース

山内投手は秋の段階ではスタミナ不足に苦しむ場面もありましたが、冬場の走り込みで全国レベルの投手のレベルまで成長しました。

テンポよく変化球を織り交ぜたピッチングは見事です!

きっと秋の大会で山内投手と対戦してた打者は、甲子園での山内投手は別人に見えることでしょう。

初戦の日章学園戦で先発し、相手打線を寄せ付けない圧巻のピッチングを披露しました。

エースにしっかりバトンをつないだ。習志野は先発した左腕の山内翔太投手(2年)がカーブ、スライダーを有効に使って7イニング1/3を5安打2失点。「関東大会は、はきそうなぐらい緊張しましたが、きょうは緊張もなくワクワクした」

 6回まで内野安打1本と1四球だけ。1回にいきなり7点の援護をもらったとはいえ、130キロ前後の直球と変化球で打たせ取る持ち味をいかんなく発揮した。テンポのいい投球に「打者のリズムを崩せるし、守っている野手の集中力にもいい」と胸を張った。引用:中日スポーツ

明豊で先発した試合では、得点を許しながらも終盤まで集中力を切らせませんでした。

習志野は一回に3点を先制されたが、三回に根本翔吾の本盗などで2得点。七回には小沢拓海の適時打で同点とし、八回には桜井亨佑のソロ本塁打などで3点を勝ち越した。先発の山内翔太は二~六回を無失点と踏ん張り、七回から登板した背番号1の飯塚脩人は八回に今大会初失点を喫したが、逆転は許さず試合を締めた。引用元:ヤフーニュース

決勝戦でのマウンドにも注目ですが、何よりも彼がまだ2年生ということで、長く習志野高校を勝利に導くと期待できます。

千葉 習志野市立習志野高等学校

コラム

習志野ファンあるある

関連記事

2019年選抜 二枚看のリリーフエース 山内翔太

2019年選抜 エース・飯塚脩人

2019年春選抜 美爆音にクレームで規模縮小

2019年春選抜 サイン盗み疑惑

2019年春選抜メンバーの出身中学と詳細

監督

小林徹(こばやし とおる)

自身も高校球児時代は習志野高校のエースとして甲子園出場。その後は青山学院大学に進学。

市立船橋高にて野球部を春夏通算5回甲子園に導き、2007年度より母校の監督に就任。

主な野球部OB

掛布雅之、福浦和也、小川淳司。

校歌

作詩:山田 継雄 作曲:森脇 憲三

君知るや ここ津田沼の 花薫る丘に
今日も鬱勃と涌きやまず
青き雲波 逞しく 四海を望む
これぞ叡智と愛の学舎 我等が母校
習志野 おお聳え立て 誇りもて 美しく
永久に 永久に 永久に 碧空に

所在地

〒275-0001

千葉県習志野市東習志野一丁目2番1号

 

スポンサーリンク