スポンサードリンク

八戸学院光星野球部出身中学メンバー2019。戦力・エース不在だが打線強い今年2019年の青森代表は八戸学院のようです。

今年の春の大会の時点では青森山田が八戸学院を破ったとして、優勝候補筆頭でした。

ライバル校同士の競り合いに勝利したということでしょう?

八戸学院光星野球部2019年・出身中学・シニア

青森:2人
大阪:5人
奈良:4人
宮城:1人
東京:1人
長野:1人
静岡:1人
京都:1人
徳島:1人
沖縄:1人

スタメン

打順 守備 名前 学年 出身中学・出身高校
1 伊藤大将 2年生 寝屋川中央リトルシニア – 八戸学院光星
2 島袋翔斗 2年生 東京ヤクルトスワローズジュニア – 志村ボーイズ – 八戸学院光星
3 武岡龍世 2年生 カル・リプケン12歳以下世界少年野球大会日本代表 – 徳島ホークス – 八戸学院光星
4 近藤遼一 2年生 橿原ボーイズ – 八戸学院光星
5 太山皓仁 2年生 大阪市立加美南中 – 八戸学院光星
6 下山昂大 2年生 弘前白神リトルシニア – 八戸学院光星
7 大江拓輝 2年生 東成リトルシニア – 八戸学院光星
8 原瑞都 2年生 柏原リトルシニア – 八戸学院光星
9 後藤丈海 2年生 大阪城東リトルシニア – 八戸学院光星

戦力・絶対的エースはいないが強力打線

打線は地方大会だけで15本。チーム打率も4割と打線は強めです。

チーム打率4割というのにはカラクリがあって、実はチームに5割打者が二人もいるのです。(武岡と近藤)

近藤選手は3番に座り、長打をガンガン放ち、坂本二世とまで言われている逸材です。

チームに絶対的なエースはいませんが、地方大会では2失策と守備は堅いです。

全国レベルの打線相手に、どこまで持ちこたえることができるのか・・・そして打線が何点返上できるのかが鍵だと思います。

スポンサーリンク