スポンサードリンク

井上広大(履正社)の出身中学と進路。高身長イケメンに彼女の存在(画像)今年2019年の甲子園は、大阪代表・履正社が大会を盛り上げました。

驚異の打撃力で決勝まで駆け上がった姿は爽快でした。

その履正社打線の中でも注目されていたのは、4番を務めていた井上広大くんです。

大きな体から豪快なスイング。打球のスピードが桁違いでしたね!

今年のドラフト候補でもあるので、早くもプロ野球ファンからどんな経歴の選手なのか需要があるみたいです。

井上広大(履正社)の出身中学は大阪・大東市立南郷中学校

井上広大くんは大阪府の大東市が地元です。

小学生の頃(大東市立南郷小学校)にソフトボールを始めたそうです。所属してたソフトボールチームの名前は「ANTブルージェイズ」です。大型の選手なのでリトルで活躍されているのかと思ってましたが、違いましたね。

中学は大東市立南郷中学校です。

井上選手の中学時代は「東大阪シニア」にて捕手として活躍されていたみたいです。3年の頃にはキャプテンでチームを引っ張ったそうです。

地元の名門・履正社高校に進学すると、1年の夏からベンチ入り(背番号17)を果たしました。秋にはすぐにスタメンとして起用

されました。

大阪桐蔭が全盛期の時代だっただけに、簡単に甲子園には行けませんでしたが、3年生の春に初めて選抜出場を果たしました。

夏では大活躍し、甲子園の決勝まで進んでいます。

井上広大(履正社)の進路は?プロドラフト評価

井上くんは身長187センチ、体重95キロと体格に恵まれています。

3年の春の時点では技術的に雑な面が多くありましたが、夏には成長して甲子園に帰って来ました。

プロ野球のスカウトからの評価は夏の時点で大幅にアップし、ドラフト1位候補となっています。

すでに井上選手に興味を示してる球団がいくつかあるみたいですが、具体的にスカウトが言及してるのは阪神のみです。

阪神の畑山統括スカウトは「春からの成長が見れた」と太鼓判を押してます。

高校野球を特集した番組でも、元プロ野球選手の方々が井上選手のことを大絶賛していました。

井上選手は同じ履正社出身の山田哲人選手に憧れているので、高卒でプロ志願を出す可能性が高いです。

プロ野球の志願書を出せば、ほぼほぼ間違いなくドラフト1位でプロ野球の世界に進むことでしょう。

仮に大学に進学するにしても、甲子園で活躍したメンバーなので、六大学の良い所に進学することでしょう。

ちなみに後輩に野球を教えるのも上手な模様。

「高校生外野手で1番」と評価される右の大砲。その長打力にはプロのスカウトだけでなく、後輩も熱視線を注ぐ。下級生から依頼されれば「井上塾」を開講。肘の使い方やバットの軌道を言葉や動作を交えて解説し、コマ送りで実践してみせる。スラッガー直伝の指導は「教え方が上手で丁寧」と好評だ。引用元:Yahoo!ニュース

もしかしたら、プロの道に進まないで、指導者の道に進んだとしても有力かもしれません。

甲子園で優勝・準優勝した世代の選手が将来的に部長・監督になるケースは多いので!

高身長イケメンの井上広上に彼女はいるのか?

井上くんはかなりハイスペックな高校生です。

身長188センチに加えてたくましい体。

しかも顔立ちもイケメンであります。

あだ名は「イノエル」と、普段から愛嬌があるキャラだからこその命名・・・笑。

強豪校の履正社にいて、1年の秋からベンチ入りしてるということで、学年内では目立った存在だったと思います。

履正社は共学なので、当然、女子生徒からもモテることでしょう・・・。

今の球児は5年前とは違って、学校側にSNSからの私生活の発信に気をつけなさいと指導を受けてるそうです。

なので、私生活はなかなかわかりません。彼女の存在も証拠はありません。

ただ、強豪校の共学の主力選手に彼女がいるかいないかという概念さえもないと思うので・・・きっと楽しい学園生活を送っていることでしょう。。笑

星稜・奥川が履正社及び井上くんを急成長させた?

今年2019年の平成最後の選抜大会では、連覇を狙う大阪桐蔭ではなく、履正社が大阪代表として出場を果たしました。

履正社は優勝候補と数えられながらも、星稜高校・奥川に17奪三振を奪われて敗北。井上選手も3三振するという内容でした。

試合の後に井上くんはこんなことを発言していたそうです。

「球威もあるしキレもある。しっかり打ち返せなかった。僕の中の投手ではナンバーワンだと思う」

「今までは楽しいと思うことがいっぱいあった野球が、あの試合から1カ月ぐらいは本当にやりたくなかった」

と。

春以降は星稜の奥川くんのストレートとスライダーに基準を合わせて調整していたそうです。その結果が地区予選大会からのチームホームランの数でした。

履正社というチーム自体が、星稜・奥川に燃えて戦ってきたわけですが、当然4番の井上選手も同じです。

履正社の岡田龍生監督(58)は、絶好調の打線について、「奥川君と当たって、トップレベルを肌で感じた。力負けした反省から、まずは体力をつけようとトレーニングに時間を割いた。コンパクトなスイングでも飛距離が出るようになった」と、春の敗戦が原点であることを強調した。1番打者として、今大会5試合連続初回安打と大活躍の桃谷惟吹(3年)は、春まで足を上げてタイミングを取っていたが、今夏は足をさほど上げず、ほぼノーステップで打っている。「奥川君と対戦して『これじゃ打てない』とわかった。速い球を打てるように修正した」と話し、初戦で霞ヶ浦(茨城)の148キロ右腕・鈴木寛人(3年)を、2回戦では津田学園(三重)の152キロ右腕・前佑囲斗(3年)を攻略した。今大会屈指の速球派右腕を打ち崩せたのも、奥川との対戦があったからこそだ。今大会猛威を振るっている履正社打線だが、春の苦い敗戦がなければここまで打てるようになっていたかどうか。そして、その試練を与えてくれた奥川が、再び、履正社の前に立ちはだかる。引用元:Yahoo!ニュース

変化球を張りながらも、力のあるストレートを芯で打てる対応力が身についたそうです。

天才的なライバルがいてくれたことで成長できたという、なんともかっこいよい背景があります。

実際に阪神の畑山統括スカウトは、井上選手の春からの成長を絶賛しています。

 

スポンサーリンク