スポンサードリンク

イチローの今後、監督・コーチの指導者は無理?人望ない発言の真意今年の日本での開幕戦で引退を発表されたイチロー選手ですが、試合後の引退会見では様々な質問が飛び出し、イチローさん流の流暢な答えが話題となりました。

引退会見の中で多くの記者がイチロー選手の今後の活動を気にしていました。日本で指導者になるのか、または監督かコーチの仕事をするのか、それぞれの方がいろんな憶測を抱いていたと思います。

しかし、引退引退会見の中でイチロー選手は、自身に「人望がない」と発言、監督などの仕事はされないと断言されました。

あのイチロー選手に人望がない?・・・・ちょっと意外な言葉でしたが、この言葉の真意とはなんだったのでしょうか?

イチローの人望はない発言の真意

イチローさんは引退会見でこのように発言されました。

「監督は絶対無理ですよ。〝絶対〟がつきますよ。人望がない。本当に。人望がないですよ、僕」

曖昧な表現ではなく「絶対」という言葉を強調して、今後は監督などの仕事をすることはないと断言されたのです。

そして、人望がないという言葉に対して、一部の記者からは「そんなことないですよ」とフォロー、そのフォローさえもイチロー選手は「いや」と否定されていました。

イチロー選手に憧れている現役の選手が何人いるのか・・・。選手だけでなく一般人でもイチロー選手に憧れてる方は多く「理想の上司ランキング」は何年も続けて1位に輝いてました。

なんでイチロー選手は自分に監督は無理だと思うのか、それにはオリックス時代の恩師・仰木監督の影があるとされます。

プロになった後に、ずっと2軍を行き来していたイチロー選手ですが、その当時のイチロー選手を1軍に固定し、フォームの修正を禁止させたのが仰木さんだったのです。

仰木さんといえば、球界では清原さんや金村さんなど、いろんな癖のある選手からも尊敬されている方です。

仰木さんとう人物が理想の監督像だと描いた時に、仰木さんのような厚い人望が必ず必要になってくると考えているのです。

そこで、仰木さんのように人望のない自分には、仰木さんのような完璧な監督になることは不可能だと考えているのではないでしょうか?

しかし、あの仰木さんだって、いきなり人望があって、監督になってすぐに成功されたわけではありません。野球ファン的には仰木さんのように段階を踏んで、イチローさんにも人望のある監督になって欲しいなと考えてしまいます。

イチローが仰木監督のようになれない理由

イチロー選手が尊敬してやまない仰木監督ですが、現役中から監督時代まで「遊び人」として知られてました。

日頃からお酒を嗜み、選手やコーチ陣との交流も良く、周囲との距離感が独特な監督として知られていました。

しっかりやるときはやる、遊ぶときは遊ぶというメリハリの良さが、同じ男として魅力的であり、とてもカリスマ性溢れる方でした。

一方のイチロー選手は私生活から節制し、野球に対してストイックに向き合いました。その結果、日本球界屈指の成績を収めることに成功しましたが、どこか孤独なイメージがありました。

仰木さんとイチロー選手の現役時代の数字を比べてみると、選手としてはイチローさんの方が正解だったようにも思えます。

それでも、やはり人望という話になると、仰木さんに軍配が上がります。現役中も監督時代も、仰木さんの周りには常にたくさんの人がおり、相手の気持ちを理解して向き合い続けたのです。

イチローさんが監督という職種の究極が仰木さんだと考えるなら、自分は絶対に100点満点の監督にはなれないと考えるのも無理はありません。

イチローらしい監督像もあり?

それでも、日米で技術を極めたイチローさんの野球脳というには日本の野球人にとっては興味深いものです。

イチローさんが野球を通じて経験してきたこと、考えてきたことから、学べる何かがあるのは確かです。

仮に仰木さんのようなハートフルな監督にはなれないにしても、イチローさんなりのカラーでの監督業も見てみたいのが本音ですね。

引退会見の中でアマチュア選手に関心があることを話されいたので、プロの世界でなくても、アマチュア選手に何か伝える仕事をしても素敵ですね!

マリナーズがイチローさんに役職を用意してるという噂がありますが、その役職というのはどのようなものなのか・・・。

日本国内で、ちょっとしたコーチングができるような立場であってほしいです。

スポンサーリンク